葬儀後すぐにやるべきこと:準確定申告

葬儀後すぐにやるべきこと:準確定申告 葬儀後に遺族がしなければならないことはいろいろとあります。
四十九日法要などの信仰に関する事柄も当然ですが、それ以外にも税務署に対する準確定申告が挙げられます。
所得税は毎年1月1日から12月31日までの期間における所得をすべて計算して、その金額をもとにした税額を納税者みずからが税務署に申告し、あわせて納税を行う制度です。
しかし期間の途中で本人が亡くなってしまった場合には、そのままでは申告することができませんので、遺族が代わりに準確定申告を行います。
この準確定申告を行うための期限は、通常は相続開始から4か月とされていますので、葬儀からそれほどの猶予があるわけではないことに注意しなければなりません。
なお法令上の義務としての側面が強調されがちですが、遺族にとってみた場合のメリットもあります。
所得税には予定納税といって、前年の所得実績にもとづいてあらかじめ納税をしておく制度がありますので、逆に払いすぎていた税金が還付されて戻ってくるケースも多くみられます。

葬儀後すぐにやるべきこと:健康保険の脱退

葬儀後すぐにやるべきこと:健康保険の脱退 葬儀終了後は、遺族は故人に関する様々な手続きをする必要があります。
健康保険の脱退もその中の1つになり、被保険者としての資格を喪失したならば市区町村や勤務先、健保組合などに保険証を速やかに返却することになります。
注意が必要なのは、返却だけでは手続きが終了しない場合があることです。
例えば、亡くなった人の扶養者であった場合では、他の家族の被扶養者になるか国民健康保険に加入するなどの手続きをする必要があります。
保健脱退で忘れずに行いたい手続きに葬儀後の費用請求があります。
国民健康保険であれば葬祭費が支給され、自治体によって異なるものの、概ね1~7万円程度を受取ることができます。
申請先は被保険者の住所がある市区役所・町役場になり、注意点としては請求期限が死亡日から2年となっていることです。
また、健保組合によっては埋葬料とは別に数万円別途支給される場合もあり、扶養家族に対して家族埋葬料が支給されるケースもあります。

新着情報

◎2019/2/21

葬儀の経費と日本人の意識変化
の情報を更新しました。

◎2018/7/25

葬儀後:免許などの返却
の情報を更新しました。

◎2018/5/21

一時死亡金の請求
の情報を更新しました。

◎2018/4/27

サイト公開しました

「葬儀 保険」
に関連するツイート
Twitter

葬儀保険加入の2つのデメリット 一言で葬儀保険といっても保険会社でその特徴は様々です。残された時間と現在の収入と預金を改めて見直し月々の掛け金が今後の生活に支障をきたさないかをチェックしてみてください。 shukatu-life.com/column?id=11

Twitter【終活ライフ】終活情報ポータルサイト@life_ending_

返信 リツイート 6:32

葬儀保険加入の2つのデメリット ①加入時の年齢によっては保険に入らない方がお得なケースがある ②会社の破綻や物価の変動によっては、保険金額が下がる可能性がある (→続きを読む) shukatu-life.com/column?id=11

Twitter【終活ライフ】終活情報ポータルサイト@life_ending_

返信 リツイート 4:07

葬儀保険加入の3つのメリット ①突発的な葬儀費用の支払いに対応できる 「葬儀費用195.7万円+お墓代190万円=385.7万円」とい支払いに対しても、最大300万円の保険がおります。 (→続きを読む) shukatu-life.com/column?id=11

Twitter【終活ライフ】終活情報ポータルサイト@life_ending_

返信 リツイート 昨日 22:32

しゃべりの仕事が身についてる人間(教師とかお坊さんとかも)なら、ある程度のパーセンテージで普通のこと。保険葬儀会社の営業もまぁまぁいける人多いと思う。

葬儀保険加入の3つのメリット ②預金と違い、スムーズにお金を受け取ることができる 一般的に亡くなった人の預金口座は銀行が凍結してしまうので、相続人全員の合意が得られるまで預金を引き出せません。 shukatu-life.com/column?id=11

Twitter【終活ライフ】終活情報ポータルサイト@life_ending_

返信 リツイート 昨日 18:07

葬儀場を出てから、次のお客様の所へ急ぎ路面電車に乗った。だいぶ進んでからから、書類を入れたカバンを持っていながら、小バッグ(財布、免許証、保険証など貴重品)を持っていないのに気が付いた。電車を下してもらい、「どうかあっていて欲しい」願いながらひたすら徒歩で引き返すこと約2キロ。

葬儀保険加入の2つのデメリット 一言で葬儀保険といっても保険会社でその特徴は様々です。残された時間と現在の収入と預金を改めて見直し月々の掛け金が今後の生活に支障をきたさないかをチェックしてみてください。 shukatu-life.com/column?id=11

Twitter【終活ライフ】終活情報ポータルサイト@life_ending_

返信 リツイート 昨日 13:32

返信先:@DaUcdGwpj5xZVZQ 私も犬の病院代かなり高額でした❗しかも死んだので葬儀出しました❗また高額でした。今も犬居ますが保険掛けようか迷ってます・・・(;´Д`)そして私に噛みつくピカルは鬼だ

Twitter綾小路葵(妖怪:アオイ隠し)@IcZUIPbxFjx4n1D

返信 リツイート 昨日 11:11

葬儀保険加入の3つのメリット ①突発的な葬儀費用の支払いに対応できる 「葬儀費用195.7万円+お墓代190万円=385.7万円」とい支払いに対しても、最大300万円の保険がおります。 (→続きを読む) shukatu-life.com/column?id=11

Twitter【終活ライフ】終活情報ポータルサイト@life_ending_

返信 リツイート 昨日 8:07

「利益追求」を全否定する訳にはいかない。 介護保険制度によりそれを導入した事によってむしろ介護サービスの質は飛躍的に高まったのだから。 でも葬儀屋のくだりはなぁ…。 老人ホーム「サニーライフ」、割高なサービスを毎日、入居老人に押し売る“銭ゲバ体質” biz-journal.jp/2019/07/post_1… @biz_journal